保育理念

多様化する育児環境や親の就労形態を鑑み、安心で安全な、心安らぐ保育環境を用意し、こどもの生きる力を育む保育を追及、提供する。
また、地域の様々な状況やニーズに合わせた育児支援活動を積極的に行い、地域福祉の増進に寄与する。

子どもに対して・・・
家庭的で温かく、心安らぐ環境のもと、他者との十分な関わりや様々な経験を通じて、健全な心身の発達を図る。
養護と教育の一体的な営みにより、こどもの豊かな人間性と生きる力を育む。        

保育の基本方針

 ☆こどもに対して・・・
家庭的で温かく、心安らぐ環境のもと、他者との十分な関わりや様々な経験を通じて、健全な心身の発達を図る。養護と教育の一体的な営みにより、こどもの豊かな人間性と生きる力を育む。
 ☆保護者・地域の子育て家庭に対して
多様化する就労形態や育児環境に応じた育児支援を、家庭や地域社会の連携のもとに行う。
子育てに関わる様々なニーズに積極的に応じ、相談や助言、指導、場の提供を通して、地域福祉の増進を図る。
家庭的な雰囲気の下、一人一人の子どもの育ちを支え、保護者への支援など保育者が丁寧にかかわる。  

保育目標

1、現在を最もよく生き、望ましい未来をつくり出す力の基礎を培う
2、元気で明るい、自立心のある子
3、何事にも意欲的に取り組み、集中力や我慢する心を育てる
4、健康で優しい心、いたわりのある子
5、感動や気持ちを素直に表現できる子